YouTube登録者がたった18人でも集客できた事例をお伝えします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YouTube集客

こんにちは、コピーライティング専門会社・ワードメーカー株式会社の狩生です。

YouTubeが流行りはじめてから数年が経ちますが、ときどき聞かれるのが

「YouTubeって意味ありますか?」

・・・です。

正直、こういうことって始める前に思いますよね。

なぜなら、YouTubeは続けようと思ったら時間を要するからです。

労力が結構かかるんです。

でも、その労力を使うだけのことはあります。

なぜなら、レスポンスがあるからです。

たとえば、ビジネスコンテンツとワードメーカーで提供している「オートマーケ」というマーケティングツールは、動画からも問い合わせがあります。

YouTubeチャンネル登録者数は、現時点でたったの18人です(笑)

弱小チャンネルですが、「この動画みたいに・・・」ということでご連絡いただくのです。

私のWEB集客チャンネルも、もちろん問い合わせあります。こちらも弱小チャンネルですが。

どうしたら弱小チャンネルでも問い合わせが来るのか?

大切なことは、YouTubeだけ発信していても問い合わせは来ないということです。

YouTubeを閲覧したあとに【着地する場所】が必要なのです。

そうしないと、発信する意味がありません。

それがセールスレター型のホームページです。

ポジショニングトークになりますけど、セールスレター型ホームページはWEB集客では欠かせないものです。

実際、私がずーっとそうしてきていますから。

つまり、

(1)YouTube

(2)セールスレター型ホームページ

…という流れで問い合わせが来るのです。

めちゃくちゃ重要なので別の言い方で。

【YouTubeを観てもらったあとに何を見せるのか?】

・・これが大事ってことです。

とてもシンプルで非常に大事なことなのですが、意外とこれが徹底できなかったりします。

シンプルなルールに従っているので、チャンネル登録者がほとんどいなくても反応があるんです。もちろん多いほうがいいですよ笑

YouTubeのテーマは再生回数を意識してはいけない

そして、【YouTubeのテーマ】も、次に大切です。

再生回数を狙った動画で問い合わせにつながるとは限りません。

むしろ逆現象も起きます。

実際、私がアップしている動画で再生回数が多いものは問い合わせにはつながらないものです。

わかりますか?

ただ再生回数を狙って動画をアップしてはいけないんです。

ということで、もう少し丁寧に噛み砕くと

(1)問い合わせにつながるテーマの動画をYouTubeにアップ

(2)セールスレター型ホームページを見てもらう

こういうことです。

この2つが抑えられればチャンネル登録が少なくても問い合わせは来ます。

→セールスレター型ホームページについてはこちらをご覧ください。

追伸

YouTubeに限らずですが何を目的に始めるのかを明確にしたほうがいいです。

そこを見据えないといつの間にか

「再生回数が全然伸びない・・・」

など別の指標に置き換わってしまうからです。

再生回数は多い方がいいですが、それが目的ですか?