毎月50人以上の見込みのお客さまが自動的に集まる仕組みを構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、あるお客さまのホームページの改善をしました。

それによって、1日2人ぐらいのペースで見込みのお客さまが集まるようになりました(自動的に)。
月にすると50人以上、年間では600人ぐらいでしょうか。

数自体は多いわけではありませんが、改善したのはたった1箇所

集まる

「ホームページにアクセスがあるのに反応がない」
・・・というときには、中身を変える必要があります。

⇒そもそも商品性に問題がないか?
⇒他のホームページに埋もれてしまっていないか?
⇒特色があらわされているか?

など、さまざまな要因がありますが、中身を変える要素のひとつとして、「出口」という方法があります。

出口というのは、「ホームページの出口」です。とんでもなく、高いハードルを設定しているホームページが多々ありますのでビックリします。

実は、商品サービスの特性から考えた適切な出口を設定することで、見込みのお客さまが集まりやすくなるのです。

つまり、ホームページの訪問者がアクション(行動)しやすくなるということですね。今回のお客さまの場合も、出口のハードルを下げてみました。そうすることで、反応率アップ。

出口を変えるのはカンタンですから、そこを変えるだけで、問い合わせが増えるようになるかもしれません。

考えられる可能性はすべてやってみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。