石材店さまのランディングページを制作しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
石材店ランディングページ
こんにちは、狩生です。今回もランディングページの作成を行いましたので、そのご紹介とともにサイト作りのポイントを少し述べたいと思います。

石材店ランディングページ


今回作成したのは、富山県にあるスナダ石材さんというお墓やさんのサイトです。「お墓を購入する」ことに対してどんなイメージがありますか?こんなお墓にしたい、とか、どこに買いたい、とか…。あまり具体的なイメージがないという方がほとんどなんじゃないでしょうか。

継ぐお墓のない人にとっては、いつかは買うはずのもの。でもその「いつ」「どこで」「どのように」買うかがイメージ出来ないために、すぐの購入には繋がらない。こういった「購入イメージがつきにくい商品」を販売するために心がけたいサイトづくりのポイントがありますので、紹介します。

1. 分かりやすい例えを入れる

たとえば、今回のサイトですと、下記です。

2
「お墓選び」と「家作り」はよく似ています。どちらも高価な物ですし、どちらも思い入れの深いものです。多くの人にとって、どちらも人生で1度あるかないかの機会でしょう。

しかし、「お墓」と「家」では違うことが“ひとつ”だけあります。

お墓は「100年先まで続く」ということです。

この例示が、まったく想像もつかなかった購入イメージを助ける働きをしてくれます。本文の最初の方に載せておくと効果的です。

2. 正しい「選び方」を伝える

いざ○○を購入・検討しよう…と思っても、正しい選び方が分からなければそこで立ち止まってしまいますよね。また、一般の方の認識が甘かったり・あまり知られていなかったりしてそもそもの選び方に問題があれば、どんなに良い商品を作っていても、自社商品を選んでもらえない可能性もあります。

だから、正しい選び方のポイントを書いておくのです。

3
分かりやすく、箇条書きでまとめるとより伝わりやすくなります。

3. 購入までの流れを紹介する

選び方や商品の特徴は分かったけど、

「どういう流れで買うのかよく分からないから、まだいいや…」

となる可能性もあります。そこで、お問い合わせをしてから商品が引き渡されるまでの流れを、番号を振って画像と共に簡単に整理しました。

4
 

以上3点です。

世の中には対象者が限られ、かつタイミングが良くないとダメという「売りにくい商品」が存在するのは確かです。それでも購入イメージに繋がる情報を分かりやすく載せるだけで、レスポンスは大きく変わってきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。