動物病院のネット集客で欠かせない「お客様ニーズ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、動物病院がインターネットで集客できる理由
・・・という記事を書きました。

「検索されている」ということを強調しましたが、実際にどういうニーズがあるのか?について今日はご紹介しましょう。

リサーチなくして、ネット集客はできません

ワンちゃん写真

まずは、抽象ニーズからです。
(抽象的なニーズのこと。具体的なニーズについては次回ご紹介します)

たとえば、先ほどインターネット上をいろいろと調べましたところ、以下のような書き込みが多数ありました。(●●は地域名が入ります)

●●市内でオススメの動物病院ってありますか?? 出来れば●●駅周辺だと助かります。


動物病院を探しています。 お勧めの動物病院を教えていただきたいのです。 ●●市に引っ越してきたばかりで、地域のことがよくわからないのと・・・(以下略)


中央区とその周辺の地域で動物病院を探しています。 良心的な値段でなおかつ、いい先生のいる病院はないでしょうか?

くどいかもしれませんが、これらはインターネット上で見つけたものです。2分ほどで見つけることができました。他にもたくさんありましたが、3つだけピックアップしました。

インターネットで書き込んでいるということは、インターネット上で探しているわけです。「どこの動物病院がいいんだろう・・・」という疑問です。探しているわけですから、あとはホームページなどでその疑問に対する回答を記載していけばよいのです。

ただし、注意点があります。

これらの疑問は“とても抽象的なもの”です。

⇒オススメの動物病院
⇒良心的な値段
⇒いい先生

具体的ではありません。

なぜか?

理由は2つあります

ひとつは、「言語化されていないこと」。こういうものというイメージはあるのですが、言葉にできないという状況が考えられます。もしくは、ただ文章化していないという状況も考えられます。

2つ目は、「基準を知らないこと」。そもそも、動物病院に行ったことがなければ、どんな感じが良くて、どんな感じが良くないかがわかりません。基準がわからない状態です。

このようなことを考えながら、お客様の悩んでいることや望んでいることを感じ取り、ホームページなどに反映させていくことが肝要です。

今回は抽象的なニーズを拾って来たので、次回は具体的なニーズをご紹介します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。